⇧スマホの方は上の「Ξ」でタイトル一覧


よくある!質問コーナー

質問:カレーがスパイシーではないのだけど?

答え:スパイシー=辛さ✖ スパイシー=香りや風味〇です。そもそも、辛いスパイスというのは唐辛子やブラックペッパーぐらいなもので、ほとんどのスパイスがシナモン等の風味を楽しむものばかりです。ただ、辛くないんだけど汗が出ます。これが本当のスパイシーです。

 

質問:どうして辛口のカレーが無いのか?

答え:まず初めに、各テーブルに辛さ調整用の「とうがらし油」が設置されているので、お好みで辛さ調整が可能です。標準のカレーが辛くないのには理由があります。当店のカレーは化学調味料を99%使っていない無添加のカレーです。無添加のカレーは味に深みを出しにくいので、果菜をいっぱい使ったドロドロ系のカレーにして味に深みを出します。そうすると、カレーの原価が爆発的に上がります。高い材料費で素材の味を生かしても辛くしてしまったら何の意味もなくなってしまいます。勿体無いの一言です。

 

質問:味が物足りない。何かが足りないと思うんだけど?

答え:そう感じた方は味覚がしっかりしている方です。何が足りないのか?答えは「化学調味料」が不使用なのと、「油」の使用量が極端に少ないことです。市販のカレールーは、化学調味料+油+砂糖で構成されているようなものです。当店のカレーは100%手作りの無添加カレーです。

 

質問:どうして無添加カレーにこだわっているの?

答え:嘘はよくないのでハッキリ言うと。無添加には一切こだわりがありません。では、どうして無添加カレーを作っているのか?それは、スパイスを調合するところから100%手作りをして作ると「結果的に余計なモノを入れないでカレーを作ることができる」というのが事実です。ただし、デメリットとして①作るのに時間がかかる②材料費が高くなる③せっかく無添加なのに物足りないと言われる。などのデメリットが生じます。せっかく苦労して作ったカレーなので、カレー初心者の方に本物の味を分かってもらいたいのです。

 

質問:カレーに具がないけど?

答え:東京の有名カレー店に行くと分かるのですが、高級カレーは肉以外の具が溶けてしまっている場合がほとんどです。煮込み&熟成時間が長いので果菜は溶けてしまいます。私に言わせれば、大きな野菜の入ったカレーは味がボケてしまうし、カレールーを節約できるので本物のカレーとは言えないと思います。

 

質問:カレーは辛口ですか? 

答え:カレーは中辛の1種類のみです。1日5時間+48時間熟成させて作っているので種類を増やすことができません。本当は甘口よりのカレーなのですが「辛いじゃないか!」と怒られることがあるので中辛と言っています。辛くはないはずなのですが…。辛くしたい場合は各テーブルにある「とうがらし油」で辛さ調整が可能です。

 

質問:鶏のからあげがカリッカリなんだけど?

答え:サクサクからあげより手間をかけ、あえてワイルド系のカリッカリからあげに仕上げています。サクサクからあげは家でも作ることが出来るので、業務用の大火力フライヤーで容赦なく揚げ、家では作ることができないカリッカリのからあげをお楽しみください。

 

質問:からあげが大きくて食べにくいけど?

答え:スプーンでちぎることができるし、手で持って食べる方もいます。からあげを大きく揚げることで手間が減り、大きなからあげを安く提供することができます。からあげを小さくすると切る手間や揚げる際のカサが増えてしまうので、からあげの価格を高くしなければならなくなります。

 

質問:からあげのカットをなぜやらないのか?

答え:一人のお客さんのからあげをカットしてしまうと、他のお客さんのからあげを切らないわけにはいかなくなります。なので、予めからあげカット無の価格設定となっています。カットを有効にして価格を上げることは誰も望んではいません。

 

質問:フライパン焼きカレーの価格が高いけど? 

答え:むしろ安いくらいです。たしかにカレールーは他のものと一緒ですが、高温で焼き上げることで風味が全く変わります。更に「カレーが標準で大盛り200円+チーズがダブル200円+卵100円=500円相当を標準装備」からチーズカレーに500円を足しても納得のいく金額です。最後に、フライパンのメンティナンスにかなりの手間がかかります。まずはフライパンに付着した焦げを綺麗に取ります。洗剤でピカピカにフライパンを磨き、自然乾燥させてからフライパンに油を塗り、煙が出るまで加熱して保管します。よく、鉄のフライパンは洗剤で洗ってはいけないといいますが、不清潔なので私が許しません。洗剤で洗う代わりに、油を塗って加熱するなど手間をかけているので、フライパン焼きカレーを安い価格で販売することができないのです。

  

質問:からチーズカレー1枚で満腹になると聞いたのですが?

答え:女性のお客様ならば満腹になると思いますが、男性のお客様の場合はお腹いっぱいにはならないと思います。よくある話なのですが、男性のお客様から「からチーズカレー1枚でお腹いっぱいになると聞いて来ました。」と言われることがあります。私は「いえいえ。足りないと思いますよ?」と返事をすると「またまた!デカいんでしょ!からチーズカレー1枚にしておくよ」という話の流れです。お会計時に「全然満腹にならなかったけど!聞いてきたのに」私は「さっき足りないと言いましたよ。女性の方の噂話ですよね?」この話は毎日のように繰り返されています。噂を信じちゃいけません。

 

質問:BGMがかかってないけど?

答え:BGMが無いのは、カレーに集中して食べた方が美味しく感じられるからです。図書館が無音なのも本を読むのに集中させるためです。できればスマホをいじりながら食べるのもやめてもらいたいです。

 

質問:キッチンタイマーの音が鳴り響いている?

答え:カレーを盛りつけて、チーズをのせて、チーズを焼くという工程を、5秒単位で計算して行っています。キッチンタイマーが鳴り終わるまで31秒あります。1秒ずつピッピッピッと音が鳴ってくれるので、自分の行動が正確かどうかの目安になるので鳴りっぱなしにしています。できるだけ熱々のカレーを提供したいのでお許しください。

 

質問:閉店時間が早いのですが?

答え:カレー屋さんは朝が早く、夜遅くまでカレーを作ります。体力的にギリギリなので閉店時間が早めになっています。カレー屋さんで閉店時間が18時というお店をよく見かけますが気持ちがわかります。体を壊してお店を休んでも有休がないので、安全運転で営業させていただきます。

 

質問:20時過ぎによく閉店しているのですが?

 答え:その時間は売り切れになってしまう場合が多いです。売れる分だけ新鮮なカレーを作ります。古くなった商品を提供したくないし、余った食材を捨てるぐらいなら利益を下げた方がマシだと私は考えています。

 

質問:税込み価格ですか?

答え:はいそうです。飲食店では珍しい税込み価格表示です。本当は私が努力した料金と、国が国民のために努力するための料金を一緒にするのは不服です。国の努力よりも私の努力の方が上回っていると思うからです。しかし、そのことはお客様には関係ないし、税別にすると結局いくらなのかわかりにくいし、詐欺のように思われたくないので税込み価格でやらせていただいています。

 

質問:店員さんがバタバタしているけど?

答え:→1分1秒を大切に急いでカレーを提供しているからです。カレーはアツアツが一番美味しいし、サラリーマンの貴重な休み時間を無駄にはできません。そもそも、お洒落なお店ではないので誰も怒らないし、高級カレーを安くボリューミーに提供したいので、お店の回転率を高める必要があります。

 

質問:店内が涼しいのですが?

答え:当店はスポーツのようにカレーを食べる方がほとんどです。店内を暑くすると窓を開けられてしまいます。冬は涼しくできるのですが、夏は建物の構造上、上の階に熱がたまってしまいます。冷房MAXで対応していますが、暑い方は各テーブルに扇風機をお持ちいたしますのでお許しください。

 

質問:取り皿がもらえないけど?

答え:以前は取り皿を渡していましたが、無意味に取り皿を大量に使われ、取り皿地獄となってしまった苦い経験があります。大盛り屋の宿命なのかもしれませんが、この低価格で本格カレーを提供し続けるため、取り皿無しの価格設定となっています。どうしても取り皿が必要な場合は、マヨネーズ付き取り皿+100円がございますのでご利用ください。

 

質問:おつりの10円がピカピカだけど?

答え:私が全ての10円をピカピカに磨いています。10円の材質は「銅」です。漢字を崩すと、金+同です。当店は黄金マッハなので、黄金=金=銅となります。馬鹿ですが、10円を大切にすることは黄金を大切にすることと同じなのでピカピカ殺菌処理をしています。

 

質問:駐車場は4台しかとめられないのですか?

答え:そうなんです。最大で5台までしかとめられないので乗り合わせのご協力をお願いしています。ただし、お店の回転が早いのですぐに駐車場が空くと思われます。

 

質問:黄金マッハカレーはチェーン店ですか?

答え:違います。黄金マッハカレーはここだけです。カレーの味とボリュームには自信がありますが、チェーン店のような丁寧な接客には勝てません。

 

質問:テーブル席はありますか?

答え:狭い店内でご迷惑をおかけしております。2名様までは基本的にカウンター席となります。3名様以上はテーブル席がございます。

 

質問:どうして黄金マッハカレーという名前なのですか?

答え:黄金は、カレー、チーズ、卵、鶏の唐揚げなど黄色の食べ物が多く、それを黄金色と表現しています。又、明るく楽しい黄金の時代になるように願って名付けています。マッハの意味は、カレーが美味しすぎてマッハで食べてしまうという意味です。

  

質問:黄金マッハカレーはデカ盛り屋さんなのですか?

答え:(並)はそこまで大きくありません。(大)から一気に満足度がUPします。(特)は自信のある方だけにお勧めします。からあげが1枚120gとビックサイズなので2枚ぐらいがオススメです。よく聞くのが「知り合いの女性が、からチーズカレー1枚で十分だったと言っていたから、だから俺もからチーズカレー1枚にする」という判断です。お会計の時に「からチーズカレー1枚じゃぜんぜん足りない!騙された」とよく言われます。そうならないように注意してください。

 

質問:キャベツサラダは無くなったのですか?

答え:全然売れないので止めました。捨てるのも嫌なので、サラダを頼むぐらいならからあげをもう1枚多く食べたいという方が多いのが当店の現状です。そもそも、カレーの中にたくさんの果菜が溶け込んでいますので、カレー自体が野菜ジュースみたいなものなので、別でサラダを食べる必要が無いのかもしれません。

 

質問:入り口に「2人で1食、3人で1食はダメ」と書いてあるのですが? 

答え:当店の高級デカ盛りカレーは材料費が高く利益率が低いので、シェアをされてしまうと死活問題となってしまいます。また、当店はチェーン店だと思われがちですが、個人でやっている小さなお店です。皆様のご協力でなりたっているお店なのでご理解ください。

  

質問:メニューが少ないと思うのですが?

答え:メニューが多くなるとほとんどの食材を冷凍しなければならなくなり、料理の品質を落とすことになります。また、在庫が多くなるので賞味期限ギリギリの食材を使わなければならなくなります。当店は雰囲気や料理の見た目を全く重視していない分、味で勝負をしたいのでメニューを最小限にする必要があります。

 

質問:カレー屋さんって儲かるのですか?

答え:よく聞かれる質問です(笑)。私は軽自動車に乗っているし電話もガラケーです。カレー1皿1000円だから絶対に儲かると思われがちですが甘くない。商売の基本は3掛けと言われていて、300円の仕入れ商品を900円で売るという意味です。内訳は、300円が利益、300円が材料費、300円が席料となるからです。席料の内訳は、家賃+人件費+水道光熱費+必要経費などの固定費を1カ月の来客数で割った数値です。当店は材料費や席料がかなり高いので、利益が3割未満となっています。そこから国民年金や国民保険や住民税など数々の税金が引かれ。。。悲しくなるのでここまでにしておきます。

 

質問:どうして小学生以下のお子様が入れないのか?

答え:過去に理不尽なクレームがあったからです。入り口に「甘口カレーはありません。赤ちゃん用の席はありません。1人1食以上のご注文をお願いします。」と数カ所に表示して、さらに入店前に同意書に同意していただいても、お客様に真意が伝わらずクレームとなってしまいます。なので、線引きを分かりやすくするためにやむを得ず「小学生の方からご入店いただけます。」というルールを設定しました。当店はスパイスから調合した本格カレー屋なので、1種類のカレーを作るのに1日5時間はかかります。甘口カレーなど種類を増やすことはできません。建物の構造上、ベンチシートを増やすことができません。駐車場が少ないので1人1食のご注文をいただけないと死活問題となってしまいます。当店の能力、力不足でご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありません。